2017年2月28日火曜日

『人は天に可愛がられている②』




人生で失敗しちゃう人、成功する人。
それは、天を味方にして、世間を味方にしてる人は絶対成功します。
ところが、天を敵にまわす。世間を敵に回して、ただ一人闘ってもまず勝てないんです。
そのお話をします。

一番世間を敵に回してしまうというのは、自分の個性を出そうとする。


どうしたら自分は、人に何をしてやれるんだろう?
仕事でなんのお手伝いができるんだろう?
自分は、どうしたら喜ばれることが出来るんだろう?
我を捨てな?
これだけで成功します。

天も味方につきます。
喜ばれるためのものはすべてもう与えられてます。
あなたにはもう、すべて与えられてます。
だから、それで役に立ててください。

2017年2月27日月曜日

『人は天に可愛がられている①』



相手が幸せになることに執着しなきゃいけないんだ

今までの古いやり方に執着しちゃいけないんだ
常に新しいやり方を出していかないと、いけないんだ。

なぜ人は変なことに執着しちゃうんだろう?

あなたは自分のことに執着してるけど、実は、あなたは神に守られてるんです。

2017年2月26日日曜日

『大人の目』



大人=たいじん


その人と自分しか見えない人を小人という。。

その人の立ち振舞いから話まで全部まわりで見てる人がいる


そうでしょうねー、鈴木さんだったらそうだと思いますよ!
今度なんかいいアイディアあったら教えて下さいね

俺だったらあんな事言われたらムッとしちゃうのに、大人だなぁ、あの人・・・。
っという
要するに、その人も周りも見えてる人を「大人」というの。

大人の目で見ると周りが見える

2017年2月25日土曜日

『絶対に勝てる人・絶対に負ける人』



仕事においての人の見分け方
・この人はこの人には勝てない
・この会社はあそこの会社には勝てない
・この国はあそこの国には勝てない
というのが1回で見分けられる方法

・戦(いくさ)っていうのは相手の弱みにつけ込んでそこを攻めていけばいい、弱いところを見つけるというのが殺しっこです。
戦争以外は体外は共存共栄か活かしっこです。
その時、例えば相手の会社を見る。自分のライバル会社を、せっかく見てきて、
「あそこはあそことあそことあそこが劣ってます」という
相手の悪いところを話している社長がいたら、その人は絶対相手に勝てません。
あそことあそこが悪いっていうことは、自分がそれが得意だからそのことを見てるんですよね?
だからあそこはうちのほうが勝ってるって言いたいんです。
ところが、勝ってる部分がそんだけあるのに、あなたの会社は…そこに勝てないんだ。

あそこには、それを補うほどの良いことが必ずあるんだ。
本気でそのいいことを学ぼうとした時、相手の悪いところはどうでもいい。
だって相手の悪いところはこっちは勝ってるんだよ。勝ってるところじゃないんだよ。
あなたの負けてるところはどこですか?って、真剣になってジーっと相手を見つめなおした時。。。
相手に対する敬意が出てくる。
素晴らしいなぁ!って、こんな事やってんだ!ってとこが見えてくる。

アラ探すより、良いとこ探して、「ここを見習おう!」って言った人間しか伸びないんだ。
だからビジネスとは、殺しっこより魂の次元の高いもの。
人間の頭って 2つのこといっぺんに考えられない。
アラ探してる時は必ず良いところ見てない。
良いところ一生懸命見てる時はアラなんか目が行かない
行かないって言うより、2つのことは考えられないの。
相手のいいところ
「アイツはこういう良いところがあって俺も見習わなきゃいけないんだ」
って言ったら、その人はやがてコイツの勝ち。
悪口言ったほうが負け。
そういう風に思っててジーっと見てると、世の中いろんな事見えてきて、
誤ることがない。見間違うことがない。

2017年2月24日金曜日

『天の声を聞く・世間の声を聞く』


天の声を聞く
・自分の都合だけを考える人
・相手の立場に立った考えをする人
・起こったことすべてをありがたいと思えるような捕らえ方をする人

8:31・世間の声を聞く
人間は面白いんだ...。

床屋さんで聞いた 分析学

好きな人は100回聞いてください。

2017年2月23日木曜日

『幸せの道』


幸せになるための100回聞きテープ

幸せっていうものは...
誰かが立ってるとこを想像してください。
そして、歩いてる。。。。


幸せって...
幸せに「到達した時」じゃなく、「旅路」をいいます。
幸せの方に向かい、幸せの方に歩き出した時、心がすごい幸せになってくるのです。


幸せとは、幸せに向かっただけで「ああ幸せ」。
だからもしこのテープが、あなたにとって幸せを運ぶものだとしたら
このテープを聞いただけであなたは絶対幸せな気持ちになるはずだから。


こういうテープを聞いて、向きを変えてもらいたい
幸せの方に向かってもらいたい。
そしたら、心が幸せになる

2017年2月22日水曜日

『マスターの教え(2)』


優秀な指導される側になる心構え

この「マスターの教え」は、
指導する側の指導力と、指導される側の力、の話


一ヶ月に100回聞きましょう

2017年2月21日火曜日

『マスターの教え(1)』



お師匠さん...、という話。 (マスター/師匠)
 
人間関係がうまい人が一人いるだけで、この世の中でスイスイわたっていける
人間関係の悪い人がいると、あっちこっちつかえたりする
交通事故と同じで、自分がぶつかれば相手だって傷つく...。
そういうのは、あきらかに法則、生きていく上の法則みたいのが間違ってる人がいる。


「注意してあげよう」っていう人と、「もう少し様子見てよう」っていう人がいる。

「様子見よう」っていうのは、様子みてから注意しようっていうのは、
本来は気がついていたのに注意したくないという、怠け心。

2017年2月20日月曜日

『あなたは観音菩薩』



仏教で一番えらい人を如来といいます。
形を見てもらうと分かるんだけど、たいがいは布をくるくるっと巻いて座禅してます。
洒落っ気全然ないです。

あなたは菩薩の位

この話は「女性のためのものなんだ」と思わないでください
男の人は特に清潔に見えること。
アクセサリーのひとつも付けてオシャレしようって気持ちが大事

2017年2月18日土曜日

『毎日損をしない為のお店のつやこ』


つやこの法則ってみんな聞いてますよね?
運勢を良くするためにツヤ出して、愛のある言葉を喋って、
それと、光モノ付けてねってことを言ってるんだけど。

『一人で二人分働く』



人間が向上することは飽きない。
仕事は飽きない。仕事はひたすら一生懸命やると面白くなるという仕事の性質だ。

ラーメン屋の例
一人でできそうなのに二人いる。。。

自分が倍働き、倍人に気を使う。

追伸あり。。。

まず自分がやってみる。やってみて書いてみる。



2017年2月10日金曜日

『カルマの話』


100回聞くと分かるもの凄い簡単な話より

『カルマの話』原因と結果の話

悪い行いをして出てくる結果を『カルマ』
みんなにいい事をして出てくるのが『ダルマ』

みんなで人を傷つけるようなことをやめよう。

人から何かもらったら「ありがとう」って言うんだ。
人様がくれるって言ったら「ありがとう」っていうの。

2017年2月9日木曜日

『曼陀羅の話』



100回聞くと分かるもの凄い簡単な話より
『曼陀羅の話』

4つの門を開ける。。
・困らない・自分の機嫌をとる
・出し切る
・徳を積む
・魂力をつける


2017年2月5日日曜日

『人の機嫌をとってませんか』



100回聞くと分かるもの凄い簡単な話より
『人の機嫌をとってませんか』

世界中が平和になる話。

2017年2月4日土曜日

『困ったことは起こらない』



 100回聞くと分かるもの凄い簡単な話より
①『困ったことは起こらない』(①の話の半分)
実は困っている人は学んでいる人なのです。