2017年4月27日木曜日

斎藤一人さん『商人は頭脳労働者』


●ビジネス関連
商人ってのはね、頭脳労働なんだ。

商人というは頭も使うけど、
ホントは体も使わなきゃいけない。
いろんなもの使う商売ってないんだよ。

商人は世界で最高、最高の仕事なんだ。

官僚もね、政治家もクソもないんだというくらい、
大変な仕事なんだよ。

よく俺が、「あいつ、アホなんだ」って言うのがあるんですよね。
俺が「アホなんだ」って言ったから、ホントはアホなんですよ。


2017年4月26日水曜日

『商人は金儲けのプロフェッショナル』


●ビジネス関連
人生って、
プロにならないとツラいんです。
プロにならないとツラいんです。


私は商人なんです。
商人ってなんですかっていうと、
商人とは金儲けのプロなんです。

プロだから、今不況だから儲からないとか、
そういうこと言っちゃダメなんです。
私たちは金儲けのプロです。


商人はいつもお金儲けを考えなきゃいけない。
いけないんです。

なぜかというと、
相撲取りは、
明日の勝つことに全力をあげるんです。
ずーっと考えて、
あいつをどうやって投げてやろうかって考えるんですよ。
相撲取りはね。。。。

2017年4月25日火曜日

『商人の啖呵』


●ビジネス関連
一所懸命働きな、って。
お客さん大切にしなさいよ。
それからお金貯めなきゃダメだよ、無駄づかいして、って。
みんな使っちゃダメなんだよ、っていうこと言うんですけれど。
なんで、そういうこと言うかっていうと。

人生で、お金が無いとですね……
嫌なやつってのは滅多でてこないんです。
ただ全然いないわけじゃないですからね。
嫌なやつに頭を下げなきゃならないときがくる。

そういう人生を送ると、非常に嫌な思いしちゃうんですよ。
だから、嫌なやつが来たとき……
たとえばうちなんか、あきんどなんですけど、
ほんとにこう大切なお客さんを一所懸命大事にするんだけど、
中にはホントに嫌な客も来るんです。

2017年4月24日月曜日

『商人の覚悟』


●ビジネス関連
江戸時代とかっていうのは、
商人って士農工商でね、
商人って一番下だったんですよ。

だから誰も守ってくれない。
その当時上がってきた商人ってのはすっごく優秀なのがいるんですよ。
あのー今テレビでてる高田屋嘉兵衛ってのもそうなんだよね。

そういう人達って、誰も守ってくれない。
死んだら死んだ。
船が沈んだら沈んだでもうホントにね、
国は邪魔することはあっても助けなんか誰もしてくれないんですよ。

2017年4月23日日曜日

『商い戦国時代に生き残る秘訣』


●ビジネス関連
プロは大変に決まってる、と。
こういう話をします。
このことを覚えてると、非常ね仕事が楽です、簡単です、全て上手く行きます。

人を納得させるって、大変です。
大変だからプロなんです。

お金もらうってのは、大変に決まってるんです。

血液型占いってのがある。
血液型占いが、なぜ流行るかっていうと、アレ4つなんです。

それで、プロとは、8つからなんです。『8』からなんです。
なぜかっていうと、8個以下のものは暗記出来て、誰でも出来るんです。
だから血液型占いって、いくら流行ってるからって。



2017年4月22日土曜日

『商いの心得』


●ビジネス関連
「商いの意味知ってますか?」っていうと、
「飽きずにがんばることですよね?」っていうんです。

みなさん、それは知ってんです。
ところが、それが間違いなんです。

なんですか、っていたとき、
商いっていうのは、商人ってのは相手のことを思って商売するもんなんです。
あんたがいくら飽きなくても、客が飽きてんですよ。

商いとは、『客がその店に飽きないようにする』ってことなんです。

それを、客もいないのにね、「細々と飽きずに頑張りましょう」
って、あんたがいくら飽きなくても、客が飽きてるんです(笑)
商いにならないんです。

2017年4月20日木曜日

『仕事の話』


俺...仕事大好きなのほんとに仕事好きなの。。。

絵描きって絵描いてると幸せなんだよ。
もう絵を描くのお辞めになったらいかがですかって描いてたいんだ。

そ仕事って辛いものだと思ってるんだよ。
それってすりこまれてるんだ。

学生時代は、お前らが一番いいんだ、お母さんたち大変なんだ。。
学生時代が一番いいよって言うけれど。。。

2017年4月19日水曜日

『後ろのお客さん』


●ビジネス関連
億万長者になりたいっていう人が出てきてるんです。

億万長者になれるかなれないかっていうのは、昇進もさることながら、
その人間の商人としての腕とかっていうものがいるんだ。

大半においては心構えなのです。

何が心構えなのか、
例えばチラシをまくとお客さんが一人来る。
真剣にそのお客さんに物を売るんだよね。
だから下手くそだっていう…その程度ではダメなんだ。

チラシを1000枚撒いて一人お客さんが来る。
その人間に物を売るっていうこと以前に、その人間の後ろには、
ホントは知り合が何十人とか、田舎だと何百人かいるんだ。

その後ろが見える人と見えない人がいるんだ。

2017年4月18日火曜日

『健康食品販売について』


アンテナをいっぱい立てなければ、自分たちがダメになっちゃうから、
携帯電話もいっぱいつくった所が伸びたんです。
アンテナ立てられなかった会社はつぶれたんです。
それと同じように、周りにアンテナを立てていかなきゃ伸びないよ。

普通のところは、自分が飛ばせる範囲以外に影響を与えようとすると、電波塔をもっと立てる必要があるんです。
だから、お店が出来たら減るんじゃないんです。
傍にお店が出来たら、売り上げが半分になるというものじゃないんです。
むしろ、未だお客さんが、殆ど出てきてないんです。

1軒だけが出てこないんです。
2軒になれば、今ある売り上げが半分になるんじゃないんです。
両方の売り上げがよくなるんです、コレ数字で出てるんです。

2017年4月17日月曜日

『華麗なる商人』


日本人にとって一番大切な事はなんなのか?

カッコ良さなんです。
カッコ良く生きる。

今の若い人達っていうのは、ほとんどの人が、芸能人なりたい、サッカーの選手になりたい。

アメリカに行くと事業家になりたいとかってすごく多いんです。

日本では、事業家が出ないっていう話がある。
なりたがってないんだから出ません。

なぜかと言うと、カッコよくないんです。

あの、能登半島行くと『御陣乗太鼓』って、
ものすごい大変な太鼓がある。
非常にカッコが良い。

御陣乗太鼓 Gojinjyo Taiko
https://youtu.be/1JJfdaBg3vY

経団連の方とか、テレビで事業家の方出るけれど、
ああいうふうになりたいという、思わせる人がいない。

かっこいいとは、何か?
カッコいい考え方なんです。

2017年4月16日日曜日

『プロ中のプロの話』


20世紀は、プロ意識があれば成功できました。
21世紀は波動が変わりましたから『プロ中のプロ』にならないと成功できません。

『プロ中のプロ』って何ですか?

自分がラーメン屋なら、ラーメン屋が見学にくるような店をつくるんだと思えばいい。
プロが見にくる店を創るんだ!

『プロ中のプロ』になるのには、どうしたらいいんですか??
1回しか言いませんよー。

2017年4月15日土曜日

『ブランドのちから』


●ビジネス関連
うちの人たちってすごい良い人が多いから
お客さん大切にすんだよとか、楽しませてあげるんだよとかいうと、
図に乗ってずーっと、ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ愚痴言ってる奴がわかります。

そういう奴って、ともかく絶対行動しない。

「こういうことしな」というと、
「なぜこういうことしないか」というしないことに対して言う。

もっと悪いのは、「やっていたけどダメだったの」って始まる。。。

要するに食い物にさてエネルギーを食われる。

それは大敵なんです。

2017年4月14日金曜日

『ネガティブなお客さんを一生涯の顧客にする方法』


●ビジネス関連
ひとりさんQ&A/質問が2つ

人間ってのは誰がやっても成功するってことはありません。

これ以上の方法はないというのが、ひとつあります。
それは、『愛を持って叱ってあげる』。。。

否定的なお客さんがいたとします。

病気を治すなんていうのは、大変に決まっているのです。
注射すれは痛い。入院すれば金かかる。
大変に決まってる。
戦わなきゃいけない。

戦って、健康にならないといけないんです。

『お金を動かす!感動を与える演出』


●ビジネス関連
お金って何でしょう…?

お金は、なんで動くか?
感動のないところでお金を動かすことは出来ません。

日本は不況が続いています。
なぜ、こんなに長く続くかと言うと、感動するものがないのです。

感動を与えられないで、お金だけ取ることは、すごく難しいのです。

どうしたら感動を与えられるか?
そのことをしっかり頭の中で考えなければいけない。

自分の行っている感動が、いやな感動っていうのもる。
感動というのは、素晴らしいものばっかりじゃない。
感動というのは、心の動きだ。
相手にどういうふうに与えるかを考えなければダメ。

アメリカ人は物事に感動を与える事がうまい。

2017年4月13日木曜日

『1万円の苦労』


卑しい商人になるな

1万円の苦労ってなんですか、っていったとき、よくこういうこと言われるんですけど。
仕事すっと大変よねー、って。
大変な思いするんだったらお金は要らないのよ、っていう人いるんです。

1万円のお金を得るのには、1万円の苦労があるんです。
あたりまえなんです。

10万円には、10万円の苦労があるんです。
20万円には、20万円の苦労があるんです。
わかりますよね。

その時に、
「斎藤さん、ここに10万円あるんだけど、10万円の苦労があるよ、受け取るかい?」
って言ったとき、もちろん受け取ります、私。

2017年4月8日土曜日

お金をかけずに売り上げを伸ばす『一人勝ち』の法則


●ビジネス関連
これは非常に、いい話ですからしっかり聞いてて下さい。

経済の話というより仕事の話です。
この事を聞くと「あ、こういうことか」っていうのが分かります。

今、価値観が変わってきてる。千年周期で価値観が変わってる。

その価値観が変わるってどういうことですか?

今までは大きいほうが得だから大に、っ大に、って。。。
要するに、大きく大きく大きく、大きくなってきた。

よく考えてもらうと分かると思うんだけど、各県に藩てのがあった。
その、藩が統一されて明治政府になったとき、ひとつの国家が出来上がった。
国家指導型でいろんなことしてきた。

2017年4月7日金曜日

商売はスピードが肝心


●ビジネス関連
成功の秘訣は、スピードなんです
泥棒捕まえてから縄投げるようなことはいけない。という。。。
泥縄というのは、要するに段取りのできてない人間のことをいう。

仕事ってのは、本来は泥縄式なんです。
スピードなんです


作り上げてから来た方が良いのか・・・って、そうじゃない。


よーく考えないと、目的が間違っちゃうことがある。

客はあなたの説明を聞いてるんじゃない。
あなたを疑っている。

的がずれたことばかり言ってるんです。

お客がホントに求めてるものはなんなんだろう?


ご馳走になったら、ご馳走さまだよ

人間って、変わるの嫌なんだよ。
怖いの。

2017年4月5日水曜日

『奇跡の話』・上に上がり方・・・



自分たちって、奇跡に値する人間だ。
「僕は体が弱いんです」「僕は~です」って…いい。

奇跡ってだんだん早くなってくる。
だんだん奇跡を起こし続けてくと早くなってくんだ。
当たったらまた次を当ててじゃねえんだよ。

人助けってのは自然だから、
だんだんだんだんピラミットが多くなってくんだ。

下に下にってやってくと、
土台を作りながら上がってくから絶対ひっくり返んらない。


2017年4月4日火曜日

奇跡を起こす“喝”の話



一瞬、一点に集中しなきゃダメなんだ。
どんな小いさい目的でも集中するんだ。
そうすると、ものって奇跡が起こるんだ。

ピストルの弾だって、火薬出して、広げて火つけるとプっと燃えるだけ。
爆発はしない。それを集中するんだ。
集中しといて圧縮して、一箇所に穴開けてドンってやると、
こんな火薬が人どころか、象だってひっくり返しちゃう。

目的もったら、「僕の夢は…」なんて言ってるだけで散る。

目標だ。

2017年4月3日月曜日

幸せにならなきゃいけない理由


人と動物と違うのは、人は考え事をする。
人は、他の動物と違って、悩んだり、苦しんだり、
不幸になると実は、「人をいじめる」という傾向がある。

幸せを、人と対象にすると、いつもいつも苦しくなっちゃう。
それより、ささやかでもいいし、自分の生き方。

いつも幸せを自分の範疇で、自分が探す。

みんなのためにも幸せにならなきゃいけなくて……